地質・土質調査業務

液状化調査・対策

新潟地震(1964.6.16 M7.5)で液状化現象が始めて科学的に検証され、関東大震災 (1923.9.1 M7.9)の被災状況記載の謎(2階家が1階家となる)が解かれたと言われます。
2012.3.11の東日本大震災では震源地から遠く離れた浦安で多くのマイホームが被害を受けました。地震は止められませんが液状化は止められます。

当社ではビルや重要構造物についての調査、判定、対策の実施のみではなく、戸建住宅や比較的低い盛土の造成地などにも調査、判定、対策を進めています。

2011.3.11東日本大震災宮城県内陸校庭の噴砂

2011.3.11東日本大震災岩手県内陸水田の噴砂


地盤工学会誌2011Vol.59No.6 東日本大震災の学会調査概要より

Canterbury地震(New Zealand)(2010.9.4)M7.1

地盤工学会誌2012Vol.60No.1 口絵写真-11 山田 卓他より

2011.2.22の余震の液状化で流動によって傾斜した橋台

2011.2.22の余震の液状化で流動によって傾斜した橋台

地盤工学会誌2011Vol.59No.6 口絵写真-33 安田 進他より

スターリングエンジン

会社概要

業務案内

地質・土質調査業務

土木設計業務

環境関連業務

測量業務

測量業務

計測管理業務

業務実績

採用情報

リンク集

各種カタログ

お問い合わせ

チャレンジ25

ページの先頭へ