地質・土質調査業務

地形解析・空中写真判読

地形はその地域を構成している地層や岩石、地質構造に関係しながら繰り広げられた浸食履歴の結果です。地形を判読することはその地域の地質ドラマの謎解きの1つです。

地形解析は地形図からその地域の地形の特徴を読み取るものと、航空・衛星写真の判読があります。さらに、ピンポイントの地形解釈のためにバルーンや無人模型飛行機で写真撮影をすることもあります。

地形図を基にした地形解析

一般に25,000分の1や50,000分の1地形図を基に接峰面図、接谷面図、谷密度図、斜度図、起伏図、水系図、鳥瞰図などを作成して判読・解析します。

接峰面図

接峰面図の例

中央付近右下がりの直線構造は阿寺断層

西村蹊二著 地図の利用法より

地形図から作った鳥瞰図の例
クリックで拡大します>

地形図から作った鳥瞰図の例

Surferを利用して25,000分の1 地形図から作成

2011.3.11東日本大震災では緑色の裾まで津波により冠水した  

 

航空・衛星写真判読

空中写真判読

空中写真判読

 

スターリングエンジン

会社概要

業務案内

地質・土質調査業務

土木設計業務

環境関連業務

測量業務

測量業務

計測管理業務

業務実績

採用情報

リンク集

各種カタログ

お問い合わせ

チャレンジ25

ページの先頭へ