地質・土質調査業務

地下水調査・分析

土木工事は地下水の制御無しには進行しないといわれます。地下水調査は水頭分布 (滞水層の間隙水圧)を把握し、地盤の透水性を調べ地下水の挙動を知ることにあります。
滞水層は複数の場合もあり、この場合は各滞水層別に調査・解析が必要です。

地下水の涵養型や水質の特徴を知るための地下水の化学分析も地下水調査の重要項目です。
正確な水頭分布はできるだけ多くの井戸の、できるだけ長い期間の水位観測が必要です。
そのために圧力センサー式水位計による自記記録が一般化してきました。

地盤の透水性を知るためには現場揚水試験、室内透水試験などがあります。
地下水の挙動を直接調査するものとしてトレーサー法、地下水検層、単孔式流向流速
測定法があります。

当社では単孔式流向流速測定の多くの測定実績があります。

スターリングエンジン

会社概要

業務案内

地質・土質調査業務

土木設計業務

環境関連業務

測量業務

測量業務

計測管理業務

業務実績

採用情報

リンク集

各種カタログ

お問い合わせ

チャレンジ25

ページの先頭へ